Zoom:学生にZoomミーティングのIDとパスコードを通知する

ミーティングIDとパスコードをコピーする

WebブラウザでZoom公式サイトのサインインページを開きます。
Webブラウザは「Google Chrome」や「Firefox」などをお使いください。
Internet Explorerでは正常に動作しません。

「Google」をクリックします。
メールエイリアス(別名)でのサインインはできません。

「ミーティング」より、ZoomミーティングのIDとパスコードを学生に通知したい授業(ミーティング)のトピック(件名)をクリックします。

招待リンクにある「招待状のコピー」をクリックします。

ミーティングIDとパスコードが表示されます。「ミーティングの招待状をコピー」をクリックします。

ポイント

ミーティングIDやパスワードを手入力すると、入力ミスにより学生がZoomに接続できなくなる恐れがあります。必ずこの情報をコピー&ペーストしてください。後からでもコピーできるよう、この画面を閉じずに次の手順へ進むことを推奨します。

学生にZoomミーティングのIDとパスコードを通知する

立教時間またはBlackboardを通じて、学生にZoomミーティングのIDとパスコードを通知します。

立教時間を使用して学生にZoomミーティングのIDとパスコードを通知する

立教時間へアクセスし、「LOGIN」をクリックします。V-Campusサインイン画面が表示された場合は、V-CampusIDとパスワードを入力してサインインします。

授業一覧より、対象授業の科目名称をクリックします。

授業画面から「お知らせ管理」をクリックします。

お知らせ管理画面が表示されます。「作成」をクリックします。

お知らせ作成・編集画面が表示されます。 「ニュースカテゴリ」は「授業」を選択してください。必要に応じて「重要度」「カテゴリ小」を設定します。

選択時に「確認」ウィンドウが表示されたら、「はい」をクリックしてください。設定項目の「問合せ先」にも「授業」が自動的に反映されます。

「タイトル」と「内容」を入力します。

タイトル 学生に通知されるメールの件名になります。
「日付」「曜日」「時限」「授業名」「講義形式」を含めてください。
内容 コピーしたZoomのミーティングIDとパスコードをペーストします。その他、学生へ伝えるべき内容があれば記載してください。

ポイント

講義形式の種類について

  1. ライブ参加型(オンライン演習形式)
  2. ライブ視聴型(オンライン講義形式)
  3. オンデマンド型(オンライン録画配信形式)

各形式の違いは、教員用_オンライン授業_全体概要.pdfをご覧ください。

「公開開始日」「公開終了日」「問合せ先」を設定します。

「問合せ先の自由記入欄」「備考」「関連リンク1~3」は基本的に設定する必要はありません。これらは学生に届くメールには含まれないため、学生は、立教時間のお知らせ画面から内容を確認することになります。

公開開始日 お知らせが学生に公開される日時です。設定日時の約10分後にSPIRITへ連携され、お知らせの内容が公開対象者へメールで送信されます。 授業の案内が集中している場合は、メールの配信まで数時間以上掛かることがあるため、遅くとも授業の前日中にはお知らせを公開するようにしてください。
公開終了日 お知らせが学生に非公開となる日時です。早くても、授業開始後となるように設定してください。
問合せ先 ニュースカテゴリ選択時の確認ウィンドウで「はい」を選択した場合、ニュースカテゴリと同じものが表示されます。

次の項目は、基本的に設定する必要はありません。最後に「作成」をクリックします。

添付ファイル 学生に届くメールには添付されません。学生は、立教時間のお知らせ画面から添付ファイルを確認することになります。
公開範囲 初期値では、この授業の履修生全員が公開対象となっていますので、変更する必要はありません。
通知メール強制送信 初期値でチェックされています。チェックを外すと学生にお知らせのメールが送信されなくなるため、設定を変更しないでください。

お知らせが作成されます。

公開対象の学生に、メールが届きます。

Blackboardを使用して学生にZoomミーティングのIDとパスコードを通知する

Blackboardへアクセスし、「Login」をクリックします。V-Campusサインイン画面が表示された場合は、V-CampusIDとパスワードを入力してサインインします。

年度別コース一覧より、対象授業の科目名称をクリックします。

「連絡事項」画面が表示されたら、「連絡事項の作成」をクリックします。

ポイント

  • 「連絡事項の作成」が表示されていない場合は、コースページにアクセスし、「編集モード」をクリックして「オン」に変更します。
    Blackboard:コースメニューの編集
  • 「連絡事項」以外の画面が表示されている場合は、メニューより「お知らせ」をクリックして、「連絡事項」画面にアクセスしてください。

「件名」と「メッセージ」を設定します。

件名 学生に通知されるメールの件名になります。「日付」「曜日」「時限」「授業名」「講義形式」を含めてください。
メッセージ コピーしたZoomのミーティングIDとパスコードをペーストします。その他、学生へ伝えるべき内容があれば記載してください。

ポイント

講義形式の種類について

  1. ライブ参加型(オンライン演習形式)
  2. ライブ視聴型(オンライン講義形式)
  3. オンデマンド型(オンライン録画配信形式)

各形式の違いは、教員用_オンライン授業_全体概要.pdfをご覧ください。

「連絡事項のオプション」を設定し、最後に「送信」をクリックします。

表示期間 基本的には「日付制限なし」を選択します。 「日付制限」を選択し、表示開始日を設定すると、連絡事項の内容をメールで送信できなくなります。表示終了日のみ設定する場合は問題ありません。
連絡事項をEメール送信 チェックを入れてください。これにより、コースに登録されている全ユーザー(教員、学生、TAなど)に、この連絡事項の内容がEメールで送信されます。

お知らせが掲載されます。

コースに登録されている学生に、メールが届きます。

Translate »