Canvas LMS:類似性判定課題(Turnitin)の提出

類似性判定課題(Turnitin)課題を提出する

コースホームページにアクセスします。
提出する課題のタイトルをクリックします。

ポイント

課題の掲載箇所は、講師側の設定によって異なります。コースホームページに掲載されていない場合は、コースナビゲーションの「課題」や「モジュール」なども確認してください。

課題ダッシュボード画面が表示されます。

注意点

初回提出時や、類似性判定機能(Turnitin)の規約変更があった際は、「ユーザー使用契約書」が表示されます。内容を確認し「同意します」をクリックしてください。同意しない場合は提出ができません。

共有利用に関わる公示事項(個人データの項目、利用者の範囲など)については、Turnitin社の公開する利用規約及び、プライバシーポリシーをご参照いただき、理解の上でご提出ください。

課題名をクリックすると、課題の概要を確認することができます。
「提出物をアップロードする」をクリックします。

ファイルの提出のポップアップが表示されます。
「ファイルを選択」をクリックし、提出するファイルを指定します。

ポイント

提出に失敗する場合は、提出ファイルの形式が対応しているか確認してください。
手書きのスキャンなど文字と認識できないファイルは提出できません。

  • 対応形式でも提出できない場合は、PDF形式に変換してお試しください。
  • 日本語は100文字以上を目安に本文を作成してください。
    参考Turnitin公式 - レポートの提出

選択したファイル名が表示されます。
「アップロードおよびレビュー」をクリックします。

プレビューが表示されます。
「Turnitinに提出」をクリックします。

課題ダッシュボード画面に、提出した課題のファイル名が表示されます。
ファイル名をクリックすると、提出した内容を確認することができます。

採点結果とコメントの確認

コースホームページにアクセスします。
確認したい課題の、タイトルをクリックします。

課題ダッシュボード画面が表示されます。
ファイル名をクリックします。

講師側で採点が完了している場合、点数やコメントが表示されます。

コメントをクリックすると、内容を確認できます。

課題の再提出

コースホームページにアクセスします。
再提出したい課題の、タイトルをクリックします。

レポートを再提出するがクリックできる課題は、再提出が可能です。

レポートを再提出するがクリックできない場合は再提出できません。

課題の設定によっては、確認画面が表示されます。
「確認する」をクリックします。

ファイルの提出のポップアップが表示されます。
初回提出時と同様の手順で、ファイルを提出します。