立教時間:学生の相互評価の確認

課題を作成する」で採点方法に相互評価を選択した場合、学生が行った相互評価の確認ができます。
画面上での確認のほかに、相互評価結果をまとめてZIPファイルでダウンロードすることができます。

個々の相互評価結果を確認する

授業ページのメニューアイコンから「成果物管理」をクリックします。

成果物管理画面(課題タブ)が表示されます。
相互評価を確認したい課題の「提出件数」をクリックします。

ポイント

課題の「タイトル」をクリックすると課題プレビュー画面を表示します。

課題提出一覧画面が表示されます。
相互評価結果を確認したい学生の「学生番号」をクリックします。

課題採点画面が表示されるので、「相互評価結果確認」をクリックします。

ポイント

学生の相互評価の対象になるのは、提出期限内に提出された最新の課題です。
課題が遅延提出された場合・提出期限後に再提出された場合の課題答案には相互評価の結果がありません。
提出履歴から、期限内に提出された課題を選択して表示し、相互評価の結果を確認してください。

相互評価の内容が表示されます。
評価者を引き換える場合は、評価者のプルダウンメニューを切り替えて、「表示」をクリックします。

相互評価結果をまとめて確認(ダウンロード)する

授業ページのメニューアイコンから「成果物管理」をクリックします。

成果物管理画面(課題タブ)が表示されます。
相互評価を確認したい課題の「提出件数」をクリックします。

ポイント

課題の「タイトル」をクリックすると課題プレビュー画面を表示します。

課題提出一覧画面が表示されます。

相互評価結果をダウンロードする対象の課題を選択します。
「全選択」ですべての提出済み課題をチェックするか、選択チェックボックスにチェックを入れます。

「相互評価ダウンロード」をクリックします。

相互評価結果のZIPファイルが作成されます。
ダウンロードされたZIPファイルの開き方は、ブラウザの種類やお使いのPCでの個別の設定によって異なります。

ダウンロードされたZIPファイルの内容

ダウンロードされたZIPファイルの内容は、基本的に次のような内容になります。

①ZIPファイル ZIPファイルのファイル名は、対象の科目名から、相互評価_[ダウンロードされた日時].zip となります。
②相互評価結果一覧CSVファイル

対象の課題に対する、登録された最新の相互評価結果の情報が、まとめてCSV形式のファイルで作成されます。

ファイル名は、ダウンロードされたZIPファイルと同じ命名規則で、相互評価_[ダウンロードされた日時].csvとなります。

③評価対象学生・評価者フォルダ

相互評価結果に添付ファイルが含まれている場合、添付ファイルのフォルダが作成されます。
フォルダ名は2階層になっていて、一階層目が評価対象の学生の学生番号のフォルダとなります。
そのフォルダには二階層目として評価を行った学生の学生番号のフォルダが作られ、二階層目のフォルダに 評価した学生が添付したファイルが保存されます。

④提出ファイル 評価者がアップロードした添付ファイルは、学生がアップロードしたファイル名に、被評価者の学生番号、 評価者の学生番号が付加されます。
Sidebar



Translate »