立教時間:複数のコース(授業)を統合する

教員は自身が担当する複数の授業を統合して、立教時間のひとつのコースとして運用することができます。
設定したコース統合を解除する場合は、ヘルプデスクに依頼する必要があります。

ポイント

  • 当該年度に担当する複数の授業のコースを1つにまとめることができます。
  • コース統合を行うと、統合されたコース(子コース)の登録者も統合先のコース(親コース)に紐付くため、担当者は、親コースのみの処理で全体を管理することができます。

注意点

コース統合可能な授業の組合せには条件があります。

  1. 同じ開講年度であること。

  2. 開講学期の期間が重なっていること。

    • 春学期の科目と秋学期の科目は、期間が重ならないためコース統合できません。
    • 通期の科目は春学期、秋学期ともに統合可能ですが、統合後は、期間が短いほうの開講学期について制限を受けます。
      通期の科目を春学期の科目と統合した場合、秋学期の科目を追加で統合することはできません。
    • 春1、春2は期間が重ならないため互いに統合できません。秋1、秋2も同様です。
    • 春他、春期間外は、両者以外に期間が重なる学期がないため、他の開講学期の科目とは統合できません。秋他、秋期間外も同様です。
    • 通期1は、他の開講学期と期間が重なっていないので、通期1同士でしか統合できません。

コースを統合する

教員TOP画面の授業一覧から、統合元としたいコース(親コース)の科目名称をクリックします。

選択したコースの授業画面から「システム設定」をクリックします。

表示された設定画面から、「コース統合」をクリックします。

コース統合画面の「コース統合可能なコースの一覧」には、同じ年度で親コースに統合可能な授業の一覧が表示されます。
統合したいコース(子コース)を選択し、「設定」をクリックします。

統合結果のメッセージが表示されるとともに、統合されたコースが、「子コースリスト」の一覧に追加されます。

「コース統合が成功しました。」のメッセージが表示されます。
Sidebar



Translate »