Blackboard:出席情報の管理

最終更新日

ハンディターミナルを利用する

ハンディターミナル(ハンディスキャナ)で学生証を読み取ることで、読み取った学生を出席としてBlackboardの出席管理に自動的に反映(翌日以降)させることが可能です。

ハンディーターミナルのご利用には、各講師控室への使用申込書の提出が必要となります。詳細は以下SPIRITのページをご参照ください。
出席ハンディターミナルのご利用

※コース統合している場合、出席管理内でまとめて管理され、親コース・子コースの区別が付かないためご注意ください。
複数コースの統合

授業日と出席データを追加する

コースページにアクセスし、画面左側の「コントロールパネル」の「出席管理」をクリックします。

「日付を追加する」をクリックします。

「追加する日付」を入力し「出欠を設定」をクリックします。

・出欠を設定
出欠設定を経由して日付を追加します。

※「送信」で作成する場合は青字をご参照ください。

送信
すべての受講生が欠席の状態で日付を追加します。
(追加後に変更可能)
「送信」をクリックした場合
すべての受講生が欠席の状態で日付が追加され、処理結果画面が表示されます。

出席情報の登録画面が表示されます。
(ユーザ数が多いと表示に時間がかかる場合があります)

各学生の出欠情報を設定し、「送信」をクリックします。

※デフォルトは「出席」になっています。
一番上のラジオボタンで一括変更が可能です。

処理結果画面が表示されます。

内容を確認し「OK」をクリックします。

出席管理画面に戻ります。

出欠情報を編集する

出席管理画面下部の「データを編集する」をクリックします。

変更したい情報にチェックを入れます。

「出席記号」を変更します。

「送信」をクリックします。

編集の確認画面が表示されます。

問題がなければ「送信」をクリックします。

出欠情報の変更が反映されます。

データの上書きを行った場合、背景色が緑色に変更されます。
※学生表示では色は付きません。

授業日を削除する

出席管理画面下部の「日付を削除する」をクリックします。

削除する日付を選択し、「送信」をクリックします。

データ削除の確認がポップアップするので「はい」をクリックします。

授業日が削除されます。

※ハンディターミナルをご利用の場合、日付を削除しても翌日には初期(読み取り時)データで再反映されます。

出欠データをCSV形式でダウンロードする

「出席情報のダウンロード」をクリックします。

CSVデータがダウンロードされます(名簿としても利用できます)。

Sidebar



Translate »